学生にとって使いやすいレンタルサーバーを選ぶポイント

パソコン16

インターネットが普及し、サーバーの使用が個人にも普及したことで、レンタルサーバーを取り扱う会社が増えています。そして、レンタルサーバーは学生でも契約できるので、インターネットを使いこなす学生が多く利用しています。

では、学生の方ではどんな点を重視して選ぶと良いでしょうか。こちらでは、選ぶ際の考えておきたいポイントに加え、実際に利用されているレンタルサーバーの情報についても取り上げます。

費用の安さは学生の味方

多くの学生にとって、費用の安さはレンタルサーバーを利用する点でアドバンテージとなるはずです。レンタルサーバーは短期的に使用するというよりも、一定期間使用することを目的にしている場合が多いので、毎月費用が発生します。

一か月、二か月の出費は我慢できたとしても、高い費用を毎月のように支払うことは学生の立場では負担です。そのため、費用の安さは学生が選ぶ場合のポイントとしたい点でしょう。また、一定期間使用する際のトータルコストに目を向けることも大切です。

初期費用が高い代わりに月額料金が安ければ、使用期間全体では料金を安く抑えられるケースもあります。さらに、契約期間の長さによってコストを抑えられるブランがあるかどうかも検討できます。基本的に、1回の契約期間が長ければ長いほど、1か月あたりの料金が抑えられることがほとんどだからです。

費用負担に加えて考えたいのが、支払方法です。多くのレンタルサーバーは長期使用が目的であるため、クレジットカード決済が一般的です。それでも学生であればクレジットカードを作っていなかったり、作れる年齢に達していない場合もあることでしょう。

そのため、支払方法がクレジットカード決済以外に、コンビニ払いやスマホ決済などの方法を選べるかどうかも考慮して選ぶことも大切です。クレジットカード以外の決済方法が選べるということは、学生を含む幅広い人に向けたプラン作成をしているケースが考えられます。

そのため、実際に利用した際の満足度が高くなる可能性があります。

用途に応じた使い方ができる

パソコン20

学生であれば、仕事や趣味などで使用するよりも、レンタルサーバーの利用方法が多様であることが考えられるため、用途に応じた使い方ができるかどうかで選ぶと良いでしょう。実際、学生の本分は勉強なので、将来を考えて勉強のために使用するケースが目立ちます。

例えば、プログラミングの勉強をしたい学生であれば、データベースの使用ができるか、Cronと呼ばれるプログラムの起動に使われているデーモンが使えるかなどを見極めて選ぶことができます。また、ウェブデザインを学びたい学生であれば、HTMLやCSSを学ぶとともに、サーバー内にサイトを作ってネット上に公開するところまで実現できるレンタルサーバーを選びたいものです。

そのためには、容量が豊富であることに加え、比較的簡単にウェブサイトを作れるWordPressが利用できることも、レンタルサーバー選びのポイントになるでしょう。また、レンタルサーバーを使って勉強だけでなく、ブログなどでお小遣い稼ぎをしようと考えている学生であれば、WordPressを使えることに加えて、パフォーマンスの良さを大切にしたいものです。

例えば、ユーザーの満足度を左右するページの表示速度や転送量は重視したいポイントとなります。また、これからブログを作成する方は、独自ドメインの取得や独自SSLを設定できるかどうかも考慮すると良いでしょう。

「レンタルサーバーとは?概要や種類・使い方を紹介します!」

プランの変更が容易にできる

レンタルサーバーは、一つのプランしか提供していない会社もあれば、ユーザーの用途に合わせて複数のプランを用意している会社もあります。それで、学生の場合は特に、同じ会社内でプラン変更が容易にできるところを選ぶことが先々役立ちます。

学生がレンタルサーバーを利用する場合は、使用目的や用途は勉強の内容や、やりたいことの種類により、当初の予定から大きく変化することが考えられます。ですが、レンタルサーバー会社を変更しなければならないとすると、データなどの引っ越しをする際にデータが消失するリスクがあったり、ドメイン変更をせざるを得なくなりSEO評価に悪影響が出ることもあります。

また、契約を変更したり事務手続きをする煩雑さは、仕事の経験を積んだ社会人以上に感じるようです。そのため、同じ会社内で簡単にプラン変更ができるレンタルサーバーを利用することにメリットがあるといえます。

実際にどんなレンタルサーバーが使われているか

では、学生は実際にどの会社のレンタルサーバーを利用しているのでしょうか。多くの学生に支持されているレンタルサーバーの一つが「ロリポップ!レンタルサーバー」です。月額費用の安さが魅力で、クレジットカード決済に加えてコンビニ決済や銀行振込などが可能です。

プランは3つあり、最安値のプランはとにかく安くウェブサイトを運用したい人が利用していて、上位プランはWordPressを使用したい人に支持されています。また「さくらのレンタルサーバー」も学生が定番で使用する会社の一つです。

プランは3つ用意されており、最安値のプランの月額使用料は年契約となるものの、毎月100円台で使用できるメリットがあります。支払い方法もチョイスでき、自動口座振替も選べるので、支払のわずらわしさから解放されます。

また、こちらのレンタルサーバーの魅力は、サイトを高速表示させることができる点にあり、サイト運営者に好評です。高機能のレンタルサーバーを考えている学生は「エックスサーバー」に魅力を感じるようです。こちらは月額費用が4桁となるものの、他のレンタルサーバーに比べて容量が圧倒的に多く、WordPressは使用可能で個数の制限もありません。

また、独自ドメインのプレゼントもあり、高額な初期費用も時期によっては無料になる特典があります。

学生がレンタルサーバーを利用する際に重視したい点とは

学生がレンタルサーバーを利用する場合に、重視したいのが使用目的と使用状況の将来予測です。コスト面でシビアに考える学生は、どうしても月々の使用料金に目が行きがちですが、使用目的に加えて、将来的にどれくらいの使用状況になるかをある程度予測して選んでおくと、実際に使う際の満足度が高くなり、使用状況が変化しても対応しやすくなります。

学生がレンタルサーバーを使用するときに考慮したいポイント

レンタルサーバーは一定期間の使用が一般的なので、学生が借りる場合は利用料金に加えて、支払方法が選択できるものを選ぶと良いでしょう。特に料金に関しては、月額の使用料だけでなく、使用期間全体のトータルコストを考えて選ぶことが大切です。

また、学業や趣味、お小遣い稼ぎなど様々な用途でレンタルサーバーを使用するケースが多いため、プラン変更の可否や拡張性も考慮できます。

「安心して利用できるおすすめの法人向けレンタルサーバーを紹介」